b4f2655b42080f985d8c28e51dd0fe3e_s

隣が火事になったのです。あまりにも急でびっくりしました。仕事から帰ったら、アパートの前にはたくさんの人と消防車がいたのです。何事かと思っていたら、なんと私の部屋の隣が火事になっていたのです。たいした事はありませんでした。でもしばらく住めなくなったのです。強制的に引越しをしないといけなくなりました。
あまりにも急で困っています。引越すあてなどないのです。全くありません。新しアパートを探さないといけないのです。トイレとお風呂があって、ベランダ付きが私の条件なのです。そして家賃はここと同じです。それは譲れません。でもなかなか見つからなくて、とても困っていました。何とか見つかったアパートはとても古いですが、トイレもお風呂もあります。ベランダは結構広いです。仕方がないので引越しをしました。
家具や洋服などは大丈夫だったのです。何とかほとんどのものは持っていけたのです。でも大変でした。軽トラックを借りて、何とか自分だけで引越しをしました。しかも仕事が終わった夜なので、結構大変だったのです。
私は以前のアパートがとても気に入っていました。新しくて、近所付き合いもそれなりにあったのです。とても気に入っていたのですが、とても残念です。

アパート 引越し 費用についてコチラもチェックを

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s

私は引越しをしました。それはとても大変でしたが、でもここの環境は大好きです。そして私には住みやすい街なのです。以前は車がないと生活できないようなところでした。でもここは、近くにバス停もあって電車も通っているのです。私はこの街に引越しができてとても嬉しいです。
しかも会社までとても近くなったのです。いつもよりも三十分遅く出ても、十分間に合うところなのです。帰りだって早く帰ってこられるようになったのです。
新しい生活は慣れない事もとても多いです。それでも、住む場所はとてもいいところなのです。スーパーも近くにあるのでそれが一番良かったかもしれません。重いものを買っても、歩いていけるなんて最高なのです。
マンションの三階に住んでいますが、エレベーターがないのでそれが大変かもしれません。引越しの時だって、階段で運ぶ事が本当に辛かったのです。引越しの時に、エレベーターのない事を知ったのです。だからもっと前からわかっていたら、引越しはしなかったかもしれません。
でも住めば都で、階段もいい運動になっているのです。ダイエットにもとても良いので、エレベーターがない事は良かったと言えるかもしれません。
新しい生活は結構楽しんでいます。

会社で人事異動などがあるのは、3月あたりに集中しています。その時は学生が卒業するシーズンで、新入社員を採用する時期でもあります。そうなってくると、引越しをする予定もその時期に集中するのです。

7aa0177461b41a1f8d2608c9efcf30cf_s

特に新入社員の人事異動などと関係が無い引越しだったとしても、良い物件を抑える為に3月あたりに引越しをする人は多いのです。それ以外の時期に引越をしようとしても、空いているアパートがあまり良い物件でなかったり、駅から遠かったりと問題がいくつもあります。

空いてる物件がいくつもある場合、利便性の良い地域から埋まっていくので、その様な地域にアパートなどを借りようと思った場合、最も空く可能性が多い時期に引越しをするべきなのです。

ただ、このような時期は引越し業者も繁忙期となる為、引越しを依頼しようと思って業者に電話を入れた時点で断られる可能性があります。

この時期には、引越しの依頼が非常に多いので、複数の引越しを1日でこなすときには、最後の引越しが夜中になってしまう可能性もあります。それでも、他の日が選べないので引越しを依頼する人が多いのです。

ただ、時間指定をしない引越しとなれば、少しばかり価格が安くなる可能性もあります。ただ繁忙期に値引きをしてくれる業者は少ないのです。

引越し費用を安くしたい→テレビ台 引越し 費用

a70e42a9faf7a7e055b65d918d883f44_s

茨城県から鹿児島県にある離島「屋久島」に引越しする事になりました。
荷物は最低限にして大きな家具は引っ越してから注文する様手配し、細々した生活用品は郵便で発送する事にしました。
小物を沢山送る場合は郵便の方が安上がりで、結果的に大ダンボール10箱分を郵送しました。

そして自分達は鹿児島まで車での移動です。
約1500キロを3日で走り抜け4日目の朝、屋久島に到着する予定を組み出発します。
早朝、暗いうちから走り始め順調に進むことができましたが、東名高速道路に入ってから渋滞に巻き込まれてしまい全く進めなくなってしまいました。
そこでかなりの時間を取られてしまい予定していた兵庫県に着いたのは日が落ちた夜19:00を過ぎていました。
この日は夕飯を王将で食べてから近くにある温泉施設に行き、今日の疲れを温泉に浸かってスッキリリフレッシュすることができました。

二日目、今日は山口県までの移動です。
サービスエリアなどに立ち寄りながらグルメもしっかり楽しみながら車は走ります。
途中、広島の宮島に寄り道し観光を楽しんだ後は山口県まで一気に走破。
この日は疲れが溜まってきたので早めに就寝しました。

3日目は鹿児島入りして夕方出航のフェリーに乗り込みます。
今まで走ってきた距離よりは短かったので、グルメを楽しみながらあっという間に到着しました。
フェリーに乗り込んだ後、船は種子島で1泊です。私達もフェリー内で一夜を明かします。
そして朝方、フェリーは屋久島を目指して出航しました。
屋久島宮之浦港に無事到着し、車のゲートが開いて屋久島の風景が見えた瞬間を今でも忘れません。

その後は無事新居に到着し、事前に送った郵便物も予定通り着きました。
今までしてきたどの引越しよりも一番大変で、一番楽しくて、一番思い出に残る引っ越しだったと思います。

数年前に引越しをした時には、とにかく家財道具を減らそうと思って思い荷物になりそうな家具などは、リサイクルショップに引き取ってもらう予定でした。

そこで、リサイクルショップまで足を運ぶ必要があったのですが、いくつかのショップは出張で見積もりをしにきてくれるという話だったので、リサイクルショップの担当者に来てもらったのです。

a0db944ef38c0b1a74317f1342649402_s
そして、私の使っていたタンスとテーブル、そして二人だけのソファを見てもらったのです。すると、私が予定してた価格よりも結構安い金額しか提示されませんでした。

そんなもんかと思ったのですが、せっかく見積もりをしてもらったので売る事にしました。安い金額での下取りとなってしまいますが、これで下取りをしなかったら、リサイクルショップの担当者に連絡をしたりした時間が無意味になってしまいます。

なので、私の手持ちの家具類が少しだけ新しくなるという意味でも、新しい物に買い替えるメリットはあるのではないかと思ったのです。何より引越しの際に道具が少なくなるというのはとても良いことなので、損をした気分にはなりませんでした。

引越しを終えた後で、新しいタンスなどを買いに行ったので、その楽しさもプラスするとそれほど悪い事ではなかったと考えるようにしています。

海外への引越しっていくらぐらいかかるかご存知ですか?→海外 引越し 料金

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

転勤に伴う引っ越しは、仕事の完了と引き継ぎまでの激務に加えて家に帰ると片付かない中、一生懸命ゴミを捨て荷造り、と24時間休みはなく、一瞬たりとも気の休まる時がありませんでした。今でも、時間に追われた転勤の引っ越しの時のことを思い出すだけでぞっとします。何がいやかと言えば、生活に最低限でも必要なものは出しておかねばならないし、段ボールは嵩張るし、ゴミを捨てるのに分別の曜日があるのでなかなか一気に進みません。また、段ボールがだんだん増えて「ああ進んできたなあ〜」と一瞬気を抜く時があるのですが、それが命とりです。ある程度進んできて多少の達成感はあるのですが、やはり「最後のツメ」ができないといつまでたっても完了しません。また、毎日仕事も通常より忙しいし、送別会続きで時間も本当に惜しいのですが、断るわけにはいきません。また、転勤は自分だけでなく同僚、上司も重なるわけですからここで義理を欠くわけにはいかないのです。餞別やら贈り物やらで買い物にも時間は取られます。こういう義理の代行サービスも、引っ越し業者さんでやってくれないかと思います。あと、転勤にともなって子供の小学校の転校があり、母親として忙しすぎて今となっては思い出すことも忘れたほどの思いをしました。引っ越しも、子供の成長に合わせて物が増える一方でした。

regret引越業者に引越を依頼するように手配してから、暫くして引越をキャンセルしようと考える事があります。その時には、出来るだけ早く話をするべきだと思います。基本的に前日までにキャンセルを言えばキャンセル料が1割程度となるのです。

これが当日になってしまうと相当高額なキャンセル料を請求されることになります。このようなキャンセルのシステムは最初から決まっているので、変更する事ができないのですが、私が聞いたところでは地元の業者の場合は少しは融通が利くようなのです。

突然に引越しの前日あたりに、家族の不幸があったりすると当然のように引越はキャンセルになります。そのような時にやむを得ない事情という事で、引越キャンセル費用を取らないという業者もあると言うことです。

そのような親切な会社の場合の情報は、ネットでレビューで記載して欲しいと思います。そのようなお客さんの接し方をしている業者であれば、少し価格が高かったとしても、引越を依頼しようと思ってしまうし、友人達にも紹介してしまいたくなってしまいます。

なので、自分が引越しを終えて引越会社に思った事等は、出来るだけレビューに期待するようにしようと思っています。少なくとも自分のブログでは書いていこうと思っています。

おすすめ記事→引っ越し費用を安くする

引越しをするときには、現在使用しているインターネット回線を解約する必要があります
もしくは、引越し先でも同じ会社のインターネット回線を使うのであれば、工事をする日を事前に問い合わせておき、その公示日までに引越しを完了するという予定にしておくのです。

ただ、インターネット回線のは、プロバイダ会社がお客さんの取り合いをしている状態なので、回線を移動する際には、プロバイダも移動した方がメリットがあると思います。どんな業者であってもネットで、加入手続きのキャンペーンを探す事ができるので、そこで1万円程度のキャッシュバックを受ける事が可能です。

なので、引越しの時にはネット回線を切り替えるチャンスとなるのです。そんな回線の切り替えが発生するときには、かなり以前からネットの工事予約を入れておく必要があります。光回線でもADSLでも三週間以上前に予約をしていないと間に合わないという事があるのです。

ただ、そうなってくると引越し先の賃貸契約が成立する前にネット回線の工事を依頼する事になってしまいます。なので、そのギャップを埋めるための考え方が必要になってきます。数週間だけはスマホのネットだけで我慢するなどの考え方に変えるのです。

引越しで損をしないために→引っ越し 節約
moving7繁忙期に見積もりを依頼すると、かなり差が出てくることが分かります。
3月の初めあたりならまだ基本料金からそれほど高くなっていないのですが、徐々に後半になるにつれ一気に引越し料金が高くなります。4人家族あたりの引越し料金だと10万円近く値上がりすることもあります。

なので、繁忙期に見積もりを出してもらうのはかなり考え物です。さすがに10万円も高くなるのであれば、すぐに別の業者に依頼すると考えてしまいますが、別の業者に見積もりを出しても結局は同じ事なのです。

早い段階で依頼をすれば安くなるのかと思いきや、そうではなく早い段階で依頼しても結局は高いのです。引越業者も、この時期には値段が高くても必ず依頼してくる人がいると分かっているので、値下げに応じることがないのです。

そうなってくると、繁忙期に引越を依頼するお客さんの方が、下手に回った交渉になってしまうので、どうしても高い金額を払って業者にお願いするような感じになります。

中には、見積もりの依頼を電話して約束しているにもかかわらず、担当者が来なかったという話もあります。お客さんの注文なので急いで見積もり担当がきそうなものですが、それくらい需要が多すぎるので、担当者の手が空かない状態なのです。

引越しをするときには、引越し先の部屋の中をチェックして、どれくらいの道具が入るのか最初に確認しおくべきです。
賃貸物件を借りたときには、他の物件と比べて広さや、間取りや向き、そして部屋の綺麗さなどを比較して決めますが、賃貸契約が成立した後は、家財道具をどのように配置するのか良く考えるべきだと思います。
引越しをするときにも最初に、家具をどの場所に配置するのか分かっていれば作業も早いし、段取りをミスしなければ、スムーズに道具を部屋に運んでいくことが可能になるはずです。

そして、もう一つは引越し先にはカーテンが無い状態なので、早い段階でカーテンをつけて目隠しをする必要があると思います。
特に道から中までのぞき込めるような構造の家の場合には、初日からカーテンをしておく必要があると思います。
引越しをする最初の段階で、使うカーテンのサイズ等を計測して買っておくことだと思います。段取りよく引越し作業が完了できれば、引越し当日の夜には、お鍋やフライパンを使って夕食を作る事も可能です。

結局は、大急ぎで引越しになり夜中まで荷物の移動作業が空いてしまうのは、段取りミスである可能性が高くなります。
最初にどんな作業があるか想定すれば、やりやすいのです。

最近のコメント