7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_s

引越し作業の時で一番面倒なのが、本、マンガ本、雑誌の荷造りです。家で暮らしている時はあまり気にならないのですが、引越し作業をしているとありとあらゆるところから雑誌は出てくるし、本棚の本を出してみると山のように床に積み上がります。雑誌は好きなアーティストや俳優さんが出ているものは記念にとっておこうとしまっておいたのでものすごい量が押し入れら本棚、雑誌ラックから出てきました。良く見るともう既にあまり好きじゃない人が出ている雑誌まで、後生大事にとっていた自分に呆れてしまいます。そういった雑誌はまとめて捨てることにしました。また、今でも好きなアーティストが載っている雑誌はプリンターのスキャナーで載っているページのみをとり、データ保存することにしました。そうすると、雑誌はほとんど処分できました。あと、マンガ本ですがもう思い入れのないものはブックオフなどで買い取りをしてもらうことにしました。どんな漫画も全巻揃っていると、結構高額で買い取ってくれます。ところが特装版という大きさの漫画だと、買うときはとても高いのに買い取ってもらう時はほとんど二束三文でびっくりしました。特別なサイズより、普通の文庫版サイズの方が買取が良いので、これからは普通サイズで絶対漫画本は買おうと思いました。本もいらない本バラ処分してもらったりして少しバラ減らすことができました。こうして減らした本、漫画、雑誌をダンボールに入れて、引越し屋さんに運んで貰いましたが、ダンボールいっぱいに入れると凄く重くなるんですね。引越し屋さんが辛そうにダンボールを運んでいたので、申し訳ない気持ちになりました。本類はダンボールいっぱい詰めてはいけないなと思いました。本、漫画、雑誌の荷造り作業は結構時間がかかるので早めにやっておく方が良さそうです。

引越しの荷造りを簡単にするには?→引越し らくらくパック サカイ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

最近のコメント