引越しをするときには、引越し先の部屋の中をチェックして、どれくらいの道具が入るのか最初に確認しおくべきです。
賃貸物件を借りたときには、他の物件と比べて広さや、間取りや向き、そして部屋の綺麗さなどを比較して決めますが、賃貸契約が成立した後は、家財道具をどのように配置するのか良く考えるべきだと思います。
引越しをするときにも最初に、家具をどの場所に配置するのか分かっていれば作業も早いし、段取りをミスしなければ、スムーズに道具を部屋に運んでいくことが可能になるはずです。

そして、もう一つは引越し先にはカーテンが無い状態なので、早い段階でカーテンをつけて目隠しをする必要があると思います。
特に道から中までのぞき込めるような構造の家の場合には、初日からカーテンをしておく必要があると思います。
引越しをする最初の段階で、使うカーテンのサイズ等を計測して買っておくことだと思います。段取りよく引越し作業が完了できれば、引越し当日の夜には、お鍋やフライパンを使って夕食を作る事も可能です。

結局は、大急ぎで引越しになり夜中まで荷物の移動作業が空いてしまうのは、段取りミスである可能性が高くなります。
最初にどんな作業があるか想定すれば、やりやすいのです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

最近のコメント