» 引越しで気をつけることのブログ記事

引っ越しはできるだけ費用を節約したくもなるものですが、けれども小さい子供がいての引っ越しの場合は、引っ越し費用をケチらない方がいいでしょう。精神的にストレスを抱えることになりかねませんからね。
3人6
とくに未就園児がいての引っ越しの場合は、なおのこと引っ越し費用をケチるべからずというものですよ。悪いことは言いませんから、お任せパックぐらいの方がいいですって。

確かに、引っ越しのほとんどをお任せできる引っ越しパックにしますと、引っ越し費用はグンと跳ね上がるというものですよ。単身引越しパックと比べましたら、数十倍の金額差が出ることもありますからね。

しかし、ファミリーサイズの引っ越しで、なおかつ小さい子供がいるのでしたら、もうすべてをお任せできるぐらいの引っ越しを割り切って選んでおかないと、子供に八つ当たりをしてしまうことになりかねませんから。自分自身の経験上、ものすごくそう思います。

もしくは、引っ越し費用を高いものにするのではなく、引っ越しをする時間だけ子供を託児所にあずけるというのもアリですから。荷造りの時間だけ、荷物の搬出の時間だけーといったように、部分的に利用するのもいいですしね。

とにかく、子供と一緒の引っ越しは結構ストレスがたまりますので、出来る限り子供にも負担をかけないように、安全策を取る方がいいでしょうと、自分の経験を通して思いますね。

regret引越業者に引越を依頼するように手配してから、暫くして引越をキャンセルしようと考える事があります。その時には、出来るだけ早く話をするべきだと思います。基本的に前日までにキャンセルを言えばキャンセル料が1割程度となるのです。

これが当日になってしまうと相当高額なキャンセル料を請求されることになります。このようなキャンセルのシステムは最初から決まっているので、変更する事ができないのですが、私が聞いたところでは地元の業者の場合は少しは融通が利くようなのです。

突然に引越しの前日あたりに、家族の不幸があったりすると当然のように引越はキャンセルになります。そのような時にやむを得ない事情という事で、引越キャンセル費用を取らないという業者もあると言うことです。

そのような親切な会社の場合の情報は、ネットでレビューで記載して欲しいと思います。そのようなお客さんの接し方をしている業者であれば、少し価格が高かったとしても、引越を依頼しようと思ってしまうし、友人達にも紹介してしまいたくなってしまいます。

なので、自分が引越しを終えて引越会社に思った事等は、出来るだけレビューに期待するようにしようと思っています。少なくとも自分のブログでは書いていこうと思っています。

おすすめ記事→引っ越し費用を安くする

引越しで損をしないために→引っ越し 節約
moving7繁忙期に見積もりを依頼すると、かなり差が出てくることが分かります。
3月の初めあたりならまだ基本料金からそれほど高くなっていないのですが、徐々に後半になるにつれ一気に引越し料金が高くなります。4人家族あたりの引越し料金だと10万円近く値上がりすることもあります。

なので、繁忙期に見積もりを出してもらうのはかなり考え物です。さすがに10万円も高くなるのであれば、すぐに別の業者に依頼すると考えてしまいますが、別の業者に見積もりを出しても結局は同じ事なのです。

早い段階で依頼をすれば安くなるのかと思いきや、そうではなく早い段階で依頼しても結局は高いのです。引越業者も、この時期には値段が高くても必ず依頼してくる人がいると分かっているので、値下げに応じることがないのです。

そうなってくると、繁忙期に引越を依頼するお客さんの方が、下手に回った交渉になってしまうので、どうしても高い金額を払って業者にお願いするような感じになります。

中には、見積もりの依頼を電話して約束しているにもかかわらず、担当者が来なかったという話もあります。お客さんの注文なので急いで見積もり担当がきそうなものですが、それくらい需要が多すぎるので、担当者の手が空かない状態なのです。

引越しをするときには、引越し先の部屋の中をチェックして、どれくらいの道具が入るのか最初に確認しおくべきです。
賃貸物件を借りたときには、他の物件と比べて広さや、間取りや向き、そして部屋の綺麗さなどを比較して決めますが、賃貸契約が成立した後は、家財道具をどのように配置するのか良く考えるべきだと思います。
引越しをするときにも最初に、家具をどの場所に配置するのか分かっていれば作業も早いし、段取りをミスしなければ、スムーズに道具を部屋に運んでいくことが可能になるはずです。

そして、もう一つは引越し先にはカーテンが無い状態なので、早い段階でカーテンをつけて目隠しをする必要があると思います。
特に道から中までのぞき込めるような構造の家の場合には、初日からカーテンをしておく必要があると思います。
引越しをする最初の段階で、使うカーテンのサイズ等を計測して買っておくことだと思います。段取りよく引越し作業が完了できれば、引越し当日の夜には、お鍋やフライパンを使って夕食を作る事も可能です。

結局は、大急ぎで引越しになり夜中まで荷物の移動作業が空いてしまうのは、段取りミスである可能性が高くなります。
最初にどんな作業があるか想定すれば、やりやすいのです。

引っ越し前は、やっぱり時間に追われますよね。
何日までに荷物をまとめて、公共料金やらの変更作業…あちこち連絡することも多いので大変です。
当日は引越し業者さんと相談しながら荷物を運び入れて、ご近所の挨拶も行かなくてはいけません。
全て片づけて、荷解きをすることになりますが、前の家とは勝手が違うので一から配置を考えていかなくてはなりません。
これがもうストレスがたまること!
無理やりにでも押し込んで、とりあえず体裁を保っても心は晴れやかにならないのです。
あの扉を開ければ、中身はぐちゃぐちゃなんだろうなあと思って悲しくなります。

単身パック 最安値 業者を探すには?

3acd419827dce4237bfaeee4929ba9dd_s
かといって一日ですべてを整頓するなんて、時間が足りません。
あの収納家具はこちらで使えるかもしれない、と思って家具を入れ替えてみたりするのも、上手くいけばいいのですがなかなかそうもいきません。
そんなこんなで、スッキリとはいかないものの、それぞれの持ち場に道具が落ち着くには1か月くらいかかってしまうのでした。
そしてどこにも行き場がなかった不用品の処理が始まります。
不用品がどんどん捨てられる環境ならいいのですが、申込制だったりすると本当に面倒です。しかも何点まで、とか出せる量がきまっていたりすると、すべて処理するまでに時間がかかってしまいます。

引越し業者に依頼して家財道具を運んでもらう時には、バラせる物は小さめにしてから移動することが常識だと思います。家の中にある最も大きな物と言えばベッドになります。
4539efe5b359c40eae57629e7951d72b_s
私が使用していたベッドも組み立て式でしたが、高級なベッドなども全てバラせるように作られてるはずです。引越し業者は建物にぶつけないようにベッドに関してはバラしてから運びます。なので、ベッドのマットレスがトラックに積載可能であれば、残りのパーツは無理なく入るはずです。

逆に言えば、マイカーにベッドのマットの部分が入るのであれば、家財道具のほとんど全てが入るはずです。そうなってくると引越し業者に依頼せずとも引越しが可能な可能性があります。そのあたりを事前にチェックしておけば、格安の引越しが可能になるかもしれません。

以前に、2段ベッドを解体したことがありましたが、かなり時間がかかってしまいました。また引越し後にこれを組み立てると考えれば、出来ればばらさない状態で移動が出来ないか?と考える事がありました。

トラックに搬入可能か?の前に、玄関のサイズを通過できるかどうかがポイントになります。古いアパートの場合は、階段の踊り場のターンが難しかったりもするので困ってしまいます。

私はこれまでに何回か引越し業者に依頼したことがあるのですが、新婚 引っ越し費用で良い引越し業者というのは相対的に明るいスタッフが多いように思います。人との会話を重視しているので、失礼の無いように作業を丁寧にやってくれるように思うのです。

cd7d4e3e4e4ad78098c3e727a0e65ea9_s

作業をやる前に、注意点をちゃんと聞いてくるし、気になる部分が解消されるので見ている方も楽なのです。そして、作業の難しいところも担当者がちゃんと説明してくれるし、ぶつけそうな部分をスタッフ同士で話をしているのも好感触です。

このように注意し合いながら作業を進めていくことで、実際にトラブルが発生してしまう可能性を減らしているのだと思います。友人の話では、家電製品が壊れてしまってクレーム処理をお願いしたいと、後々まで長引く事があるそうなので、事前に壊れそうな物は指摘して、トラブルを避けることが大事ではないかと思います。

特に精密機械などの場合は、引越し業者に依頼してドキドキしながら待つのではなく、割り切って自分で移動する方が良いと思います。クレーム処理でいくらかのお金が戻ってくる可能性もありますが、精神的な疲労や手続きをするまでの労力を考慮すると、良い事は何も無いはずです。

最初の段階で貴重品を分けておけばトラブルなしの引越しが可能なはずです。

 

 

引っ越しするというのは、なんだかうきうきするものです。
新しい土地で、新しい生活がはじまる。
その時、たいてい仕事とか、学校とか。
新しい職場とか。

とにかく新しいことが待ってますよね。

そんなどきどきわくわく、うきうきする引っ越しですが、
私がこだわるのは引っ越し先の立地です。
新しく住むアパートの機能性も大切ですが、場合によってそれ以上に重要に考えているのが、
まわりにどんな便利なお店が揃っているか、ということです。

どんなに安くていい部屋でも、日用品を買いに行くのに片道車で30分もかける行く……、
まぁそんなことはよほどの田舎でないと稀だと思いますが、
ディスカウントスーパーに行くのにわざわざ30分かけて、ということはありえると思います。

時間をかけて行っても、それだけお安く商品がそろえばお得ですしね。

それ以外に、病院は近いか、子供が通う学校は近いか、
ご飯を作れない日に、近場に気のきいたレストランがあるか……などなど。

また、私の場合は本をたくさん読むので、図書館が近いか、
本屋が近いか、というのが非常に重要です。
bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s
そういった立地をしっかり調べて、可能な限りよい条件のアパートに引っ越しをするようにしています。
もしも可能ならば隣近所の情報も分かれば……と思うのですが、
さすがに探偵さんでも雇わないと、そのあたりは調べきれませんけれど。

あなたはどうでしょうか?

最近のコメント